留学・転職の前に映画で耳を慣らそう!〜これを見たら映画が観たくなる〜

留学・転職の前に映画で耳を慣らそう!

語学留学の際にポンとクラスに放り出されたら、きっと耳が慣れ聞き取るまでに時間がかりますよね。英語を使って転職したい方は企業によっては面接は英語で行われたり(海外ですと履歴書から全部英語です。)、日本では面接官は英語を話せる方で英語で話さないとという場合もあります。

しかし映画で語学を習得するということは簡単に聞こえますが、ポイントを掴まないと時間を無駄にしてしまうという落とし穴もあります!

今回はそのポイントをご紹介いたします。

ポイント①一度見たことのある映画で見ること

効果的な方法は見たことがある。又は興味がある映画をもう一度見ることです。なぜかというと、既にそのストーリーを知っているのと理解しやすい!ということですね。できれば自分の好きな映画でがベストです!ちなみにトップ画像は著者の好きな映画の詰め合わせです 😉

ポイント②英語字幕で見てみよう!

私も英語の勉強を今でもしているのですが、私の場合は1度字幕で見たのち、日本語吹き替えで見て英語字幕(あれば)、その後オリジナル(英語音声)で英語字幕で見ます。翻訳の方にもよりますが、意味全然違うやん!!!って英語字幕、よくありますよね。これは同じ映画でも取り扱ってる映画会社によって字幕が違うんです。
お気付きの方もいるでしょうが、映画館で見たあとにDVDで見る際に決め台詞まで変えちゃうの〜?っていうのもあります。なのでベストはやはりオリジナル(英語音声)で英語字幕で見て意味を理解すること!

ポイント③繰り返し見ましょう

これは当たり前!と言われてしまうかもしれませんが、子供って何かのセリフを最初から最後まで覚えていたりしませんか?子供の記憶力って短時間の記憶はすぐに覚えることができるんです。例えば神経衰弱とか子供って強いですよね!大人になってくると逆になり記憶しにくくなってきます。
そのため小さい子の方が英語を取得するのが早かったりするんですよ(逆に忘れるのは早い。)記憶を忘れてしまうのが早いのにずっと覚えている台詞って子供は繰り返し同じものを好んで見たり聞いたりする為です。大人になって取得する際に子供の頃のように繰り返しするのが効果的です。

ポイント④気になった単語はその場で調べる

これは私も弊社の代表に教えてもらい実践している方法です。気になった単語はその都度メモを取り、使い方を調べて理解したら書き込むようにしています。同じ単語でも全く別の意味として使われたり、嫌味っぽく使われたりと本当に様々ですよね、、ここが厄介どころでもあり英語の面白いところだと思ってます!

あなたにオススメの記事

イギリス留学・転職前は洋画で勉強しよう! !

↑イギリス英語で喋る映画をご紹介しています。

ドイツ留学・転職〜オススメ映画〜

↑ドイツが舞台の英語の映画をご紹介しています。歴史も勉強できる作品も!

無料留学転職カウンセリング
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

生年月日

住所

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考