留学後の転職面接・・・?

留学後、転職先の面接で求められることは・・・?

留学後、帰国後の転職活動へ向けておさえておきたいポイントはなんでしょうか。

面接での自身のアピールポイントをはじめ、将来のビジョンを上手く面接官へ伝えて行かないといけませんが、面接官が留学経験のあるアナタの履歴書・職務経歴書を見た時に求めるポイントは何なのでしょうか?

実際に企業様の採用担当の方よりお話しを伺い、以下にまとめました。

1.「コミュニケーション能力」

語学力ではないの?と思った方、いらっしゃるのではないでしょうか?留学転職者に求められるのは語学力・・・はもちろんですが、面接官が留学転職者へ期待する事として、意外にも「コミュニケーション能力」という部分なのです。

これは、留学に行ったら語学が出来るのは当たり前なのでは?という面接官もいますので、面接でのアピール内容を語学力をメインにしてしまうと、留学経験以外でのアピールが薄くなってしまいますので、要注意。留学という海外経験がある人材へは、内気な日本人文化では培いにくい「コミュニケーション能力」を求められる訳です。

コミュニケーション能力が高ければ、自然と応用力や適応能力も自然と付いてくるため、様々なビジネスシチュエーションにて活かしていく事が出来ますね。そして、こういった点留学転職前から意識するだけで、帰国後の面接対策にぐっと差がついてきます。

2.「語学力」

留学後のアピールポイントとして、次に語学力が伴ってきます。

ただ、こちらでも注意点として、口頭で英語力があります、英語力の向上を達成しました!と面接官へアピールしたところで、まったくアピールになりません。具体的なエピソードや数字で表すのがやはり面接官にとっては分かりやすいのです。

面接官はあくまでもその企業の人事採用担当であり英語の教師ではありませんので、語学力の高い人材を採用したくても英語や留学については詳しくないのが普通だと考えておくこともポイントです。面接においては出来る限り自身の英語力を分かりやすく伝えられる準備をしっかりして行きましょう!その中で、やはり英語資格や英語試験での具体的な数値化も有効的です。正直に自分の対応できるレベルの英語力を伝え、どうやって取り組んでいったのかという過程も話せるようにしておきたいですね。

次回では実際にどんな英語試験があるのかご紹介します。

→留学転職~転職面接に必要な英語資格とは①

無料留学転職カウンセリング
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

生年月日

住所

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考